トップページ > MRの転職事情


■ MRの転職事情

MRは転職しやすい仕事です。そのため、経験者と未経験者共に転職する人が多くなっています。これには、いくつかの理由があります。

第一の理由として、MRの仕事内容は個人単位で行うものが多い事が挙げられます。通常のチームで行っている仕事だと、チームメンバーで仕事を依頼しあって相互依存の関係にあります。そのため、誰かがいなくなったら全員の仕事に不都合が出る可能性があります。しかし、MRの場合にはほとんど全ての仕事がMR個人で完結するので、MRが辞めたとしても同僚の仕事内容にはほとんど影響しないのです。ですから、MRは周りの人にそれほど迷惑をかけずに転職する事ができます。

第二の理由として、外資系製薬会社を中心に積極的に中途採用を募集していることが挙げられます。業種や職種によっては新卒のみの採用としていますが、MRの場合には積極的な中途採用活動が行われているのです。現在は、経験者のみならず未経験者の募集も行っている企業が多く、転職希望者にはチャンスの多い魅力的な仕事になっています。

第三の理由として、年収が高くなる可能性が大きいということがあります。業種や職種によっては、転職した場合に一から出直しということで、年収が下がる事もありますが、MRの場合には年収が高くなることが多くなっています。これは、外資系製薬会社が日本での事業を急拡大するために、積極的な採用活動が行われたためだと考えられます。また、他の業界や職種から転職する時には、以前の業界平均年収より医薬品業界の平均年収の方が高いことが多いので、MR職になるだけで年収が高くなります。

このような状況にありますので、人材としてのMRは流動的な状況にあります。会社の業績によって転職するMRや、キャリアアップのために転職するMRが存在します。また、他の業界にいた未経験者がMRを目指すことや、逆にMRの仕事に就いたものの合わなくて辞めることもあります。

>> もっと詳しい情報を知りたい方は、こちらをクリック