トップページ > MR認定資格


■ MR認定資格

MRの資格は、MR認定試験に合格するとMR認定証という形でもらえます。このMR資格の有効期限は5年間です。そのため、MR資格を取得して5年間経ったら更新しなければなりません。

更新する時には基本的に手続きするだけで更新する事ができます。試験があるというわけではありません。しかし、更新する条件として、MR資格を取得してから5年間の間に、所定の継続研修をきちんと受講している事が定められています。

製薬会社の社員として、製薬会社が社員向けに行う研修を受けていれば問題ありませんが、長期の休職や退職した場合には、条件に満たない事になります。このような人は、自分で医薬情報担当者教育センターに補完教育通信講座を申し込む必要があります。この通信講座を申し込まないと、MR資格が失効になるので注意が必要です。

>> もっと詳しい情報を知りたい方は、こちらをクリック